Home > ウィークエンド ライフハック > 赤ちゃん、子どものパスポート申請時、アルファベット表記にヘボン式ローマ字以外を使う方法

赤ちゃん、子どものパスポート申請時、アルファベット表記にヘボン式ローマ字以外を使う方法


2355216100_bc43f12c91
Photo Credit: matt.hintsa via Compfight cc

子どもが生まれて、そろそろ子連れで海外旅行へ行ってみたいな・・・。そんな夫婦に向けて子連れで海外旅行に出かける前のパスポート申請についてまとめてみました。

赤ちゃんもパスポートが必要です

海外旅行をする際、昔は親のパスポートに子どもを併記しても大丈夫でしたが、現在では新生児であっても大人と同じようにパスポートが必要となっています。

パスポート申請時には自署が必要ですが、名前を書けないような小さいお子さんの場合は、両親などが代筆で署名することができます。パスポートに記載される署名もこの代筆された内容となります。

ただし、20歳未満の場合、大人のように有効期限が5年のものと10年のものの選択はできず、5年間の有効期限となります。0歳で申請するとその写真のままで5歳まで使えるので、赤ちゃんの写真撮影は慎重に行いましょう。

名前のアルファベット表記は基本的にはヘボン式ローマ字

子どもの名前のアルファベット表記は通常、ヘボン式ローマ字が用いられます。ヘボン式ローマ字とは、幕末に日本にやってきたアメリカ人ジェームス・カーティス・ヘボン(のちの明治学院大学の創設者)が定めた、カナとアルファベットを1対1で対応付ける方式です。従来から外務省では、ヘボン式ローマ字をパスポートのアルファベット表記に採用してきました。

例外としてヘボン式ローマ字以外の表記も利用できる

一方で、必ずしもこのヘボン式ローマ字の通りでなくても認められるケースもあります。外務省のウェブサイトを見ると、外国人のような名を子に付ける例が多くなっていることから、ヘボン式ローマ字以外の表記を認めるようになっているということです。

ただし、いったん非ヘボン式ローマ字の表記を利用した場合には、その後の変更は認められません。あとからやっぱり変更したい…とならないように、慎重に名前のアルファベット表記を検討する必要があります。なお、東京都のパスポート申請手続きでは、申請したいアルファベット表記を利用しているという疎明資料(海外での出生証明など)がない場合、変更しないことを誓約する書面の提出が必要です。

名前の英語表記の例

具体的には、以下の様な英語表記の例が考えられます。将来、海外で活躍するのを期待して、外国人のような名前をつけている方も多いと思います。認められるかどうかはわかりませんが、参考にしていただければと思います。

日本語表記 ヘボン式 非ヘボン式の例
ルイ Rui Louis
ハル Haru Hal
メイ Mei May
サラ sara salla

子どもが生まれて名前を考えるときには、名前のアルファベット表記も合わせて考えておくと良いかもしれませんね。

Comments

comments

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Home > ウィークエンド ライフハック > 赤ちゃん、子どものパスポート申請時、アルファベット表記にヘボン式ローマ字以外を使う方法

Return to page top