Home > ウィークエンド ライフハック > dysonから日本向け小型モデルDC48が登場

dysonから日本向け小型モデルDC48が登場


ダイソンの掃除機を使ってみたいけど、日本のメーカーのものに比べて大きいし、音もうるさいと言われているからちょっとな・・・なんて思っている方も多いかも知れません。そんな日本のユーザーの声に応えて、ダイソンが新たにキャニスター型掃除機を開発しました。従来型のDC46に比べて30%小型化し、40%音を低減させた dyson DC48 です。

小型化されたデジタルモーターV4を採用

dyson DC48 に搭載されているモーターは約7年の期間をかけて新たに開発されたダイソン デジタルモータV4です。直径はわずか85mm。DC48が小型化できたのは、この小さなモーターのおかげです。小型化は日本の家電メーカーが得意とする分野ですが、ダイソンのこだわりは小型化しても従来の吸引力を維持しているという点です。

同時にボールやサイクロン、クリーナーヘッドを改良し、静音化も実現しています。

類似のサイクロン掃除機との吸引力の比較

製品の発表会では、類似の国内メーカー製のサイクロン掃除機との吸引力比較も行われました。

まずは、国内メーカー製の掃除機で粉末状のゴミがたまった絨毯を吸引します。

一見、綺麗になったように見える絨毯に今度はdyson DC48で吸引を行います。

すると、DC48のクリアビンからはたっぷりの粉末状のゴミが出てきました。これだけ吸い残していた粉塵が残っていたということなんですね。

この結果には、会場に集まった人々からどよめきが起こるほどでした。

ダイソンの特色である吸引力を維持しながら、日本市場にマッチした小型化、静音化を実現したdyson DC48。キャニスター型の掃除機としては、もう望むところないほど完成度の高いものに仕上がっているという印象を受けました。

Comments

comments

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Home > ウィークエンド ライフハック > dysonから日本向け小型モデルDC48が登場

Return to page top