Home > ウィークエンド ライフハック | ヘルス ライフハック > まだ間に合う。お正月までにやっておきたい掃除のポイント

まだ間に合う。お正月までにやっておきたい掃除のポイント


Cleaning Lady (Day 11)

photo by stephcarter

クリスマスが終わり、あっという間にお正月です。気づいたらお掃除がまだ、という方もいるのではないでしょうか。清々しい気持ちで新年を迎えたいけど、お掃除の時間はない。そんな方に、ここだけはおさえておきたいお掃除のポイントとは。

1年の汚れをしっかり落とす。もちろん時間をかけて隅々まで掃除ができれば良いのですが、もう新年がそこまで来ている状況下では優先順位を決めて効率よく掃除をする必要があります。そんなお掃除を可能にするために、次の3つを意識しましょう。

1.ともかく光るものを磨く

光るものとは、鏡、ドアノブ、家具や家電の金属部分、そして水道の蛇口などです。蛇口などの金属部分がピカピカ光っていると、それだけで清潔感を感じます。特に時間がない場合は効果大です。

2.大掃除と身構えない

お掃除にまとまった時間を費やせれば良いのですが、なかなかそうは行かないもの。大切なのは日常生活のついでにお掃除してしまうことです。例えば後回しになりがちなバスルームは、お風呂から出る時にすませてしまいます。またキッチンの油汚れも食事の後にすませます。どちらも温かいうちにやることで汚れが簡単に落ちます。

3.お掃除の順番は「上から下」「乾から水」

最後にお掃除には覚えておきたいコツがあります。それはお掃除の順序は「上から下」、そして「乾から水」ということです。天井のライトや家具の上部のホコリを落とした後に床掃除、そしてまず乾拭きをして、汚れが残っていたら水拭きするという順番ならお掃除が楽になりますよ。

大変だと思うと余計に手がつけられないお掃除ですが、気軽に考えて効率良くすませてください。ちなみに体重50kgの女性が1時間雑巾がけをすると240kcal、掃除機を使うと180kcal消費するそうです。240kcalはご飯1杯と同じカロリー。年末年始の食べすぎをリセットする手段として、お掃除をするのもいいかもしれませんね。

Comments

comments

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Home > ウィークエンド ライフハック | ヘルス ライフハック > まだ間に合う。お正月までにやっておきたい掃除のポイント

Return to page top