Home > ウィークエンド ライフハック > 『1Q84 BOOK4』 の発売を予想する3つの根拠(ネタバレあり)

『1Q84 BOOK4』 の発売を予想する3つの根拠(ネタバレあり)


村上春樹の小説、『1Q84』はBOOK1、BOOK2に引き続き、BOOK3も大ベストセラーに。発売から半月あまりで、BOOK3だけで100万部が発行されるという熱狂ぶりです。

BOOK1、BOOK2で残された謎や、伏線はBook3で明らかになり、主人公の青豆と天吾は迷い込んだ1Q84の世界から抜け出してハッピーエンドともいえる結末を迎えました。

一方で、1Q84はBOOK4で完結する、と続編を期待する声も絶えることはありません。

1Q84はBOOK4が出るのではないか、という理由を3つまとめてみました。

「1Q84 完」となっていない

BOOK3のすべてを読み終わると、一見、ハッピーエンドで物語は終わったように思えます。一方で、BOOK3の最後のページには「BOOK3 終わり」と書かれており、BOOK1、BOOK2の最後と同じです。「1Q84 完 」と明確に書かれていないことが、この物語が終わっていないことを示唆する、有力な根拠となります。

本当に青豆と天吾は1Q84の世界から抜け出したのか

BOOK3の最後の章で、月が二つある世界から抜け出したことが明確に描かれています。一方で青豆は、エッソ石油の看板、「タイガーをあなたの車に」のタイガーが右側ではなく左側の顔を向けていることに気づきます。元々いた世界に戻ったわけではないことも示唆しているのです。

二人は結ばれましたが、この後も平穏な世界に生きていくわけではなさそうです。そういう意味で、まだまだ『1Q84』の世界が続いていくのではないか、という期待を持たせています。

残された謎がまだたくさん

BOOK3全般にBOOK1、BOOK2で描かれた謎がとかれ、「広げた風呂敷」を「たたんでいく」かのようにストーリーが展開します。一方で、残された謎が数多く残されています。例えば、

  • 妊娠した青豆の父親は本当に天吾なのか
  • 「さきがけ」がその子供を狙っている理由は
  • 女主人(緒方静恵)は死んだのか
  • 天吾の本当の父親は誰だったのか
  • 天吾の母親を殺したのはどのような人物であったのか
  • 天吾の年上のガールフレンド(安田恭子)は死んだのか
  • 天吾が接していたふかえりは「ドウタ」だったのか「マザ」だったのか
  • 天吾を追いかけてきた「さきがけ」は彼らを見つけることが出来たのか
  • 牛河の死体から現れたリトル・ピープルが作り始めた「空気さなぎ」からは誰の「ドウタ」が生まれてくるのか。またそれは何を意味するのか

などなどです。いずれも小説の行間から読者が解釈することも出来る内容ですが、明確に答えは出されていません。

これらの残された謎にBOOK4が答えてくれるということも考えられます。

数々の村上春樹の小説の中でも大ベストセラーとなった1Q84。続編の『1Q84 Book4』が出ることを期待しています。

Comments

comments

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Home > ウィークエンド ライフハック > 『1Q84 BOOK4』 の発売を予想する3つの根拠(ネタバレあり)

Return to page top