ホーム > タグ > メールタイトル

メールタイトル

EOM(本文なし) -メールタイトル活用術


メールの件名に「EOM」とついていて「何だろう?」って思ったことありませんか。
「EOM」は End of message の略で、メールが続いていないことを意味します。「EOM」を使いこなすライフハック術をまとめてみました。

1. EOMの使い方

「EOM」は返信を求めない、一方的な用件に好都合です。たとえば、

  • 「○○さん、電車遅延のため10:30出社です EOM」
  • 「14:15 Y社○○さまより電話 緊急のため要折り返し EOM」
  • 「2/17(火) X社に直行予定 13:00出社 EOM」

など、最低限の手間でコミュニケーションを行うのに適しています。これで送信者も受信者も時間短縮が可能です。

2. Gmail は「EOM」対応

多くのメールソフトはメールの書きかけで送信してしまうのを防止するために、本文が空白の場合、「このメールを本文なしで送信しますか?」といったアラートメッセージが表示されてしまします。

この点、Gmail は「EOM」の対応が進んでいて、件名に「EOM」と含まれるとこのアラートを表示せずそのまま送信できます。

「EOM」と書く代わりに、「本文なし」とか「T/O (= Title Only)」でも構いませんが、Gmail を使いこなすならやはり、「EOM」が便利です。

3. 大切な用件は「本文あり」で

便利な「EOM」ですが、お願いメール、謝りメール、深刻なメールには「EOM」は適切ではありません。心をこめて「本文あり」のメールを書きましょう。たとえば、

  • 「PCの調子が悪いので、ちょっとみてください EOM」
  • 「急用が入ったので、明日のミーティング、再スケジュールさせてください EOM」
  • (恋人に)「もう終わりにしよう、さようなら。 EOM」

などといった「EOM」メールは厳禁です。相手に誠意を伝えたいときには本文が重要になってきます。

さあ、以上をマスターしたら、「EOM」を一歩進んだメールコミュニケーションに活用しよう!

Home > タグ > メールタイトル

Return to page top