ホーム > タグ > ガジェット

ガジェット

フォトスタンドにもキーボードにも。スタイリッシュなデザインのiPadスタンド


005

iPadはソファーでゆったりしながら使うもの。そのコンセプトであれば、とくにスタンドなどは必要ありません。一方でiPadを使いこなしてくるとキーボードを使って長文を打ったり、キッチンに置いてレシピを見ながら料理するなんて使い方もしたくなります。

やっぱり専用のスタンドが欲しくなりますが、どれもこれもなんかしっくりこないなぁ、と思っていたらスタイリッシュなデザインのものを見つけました。

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

海外でiPhone、iPadのパケット使い放題をお得に利用する方法



Photo by : Artie | Photography :: No internet access for days

クリスマスも終わりいよいよ年末ですね。年末年始はちょっとお休みを多くとって、海外旅行を予定されている方も多いのではないでしょうか。

海外へ出かけるときに気になるのが、現地の情報をいつでも入手できるかどうか。普段と同じように、iPhoneやiPadなどのガジェットがいつでもネットに繋がるようにしておきたいですよね。

そこで、iPhoneやiPadのパケット使い放題をお得に利用する方法をまとめてみました。

全文を読む

夏のお出かけにぴったり。iPhoneを太陽光で充電するソーラー充電器



Photo by : neloqua

夏は海へ山へ、はたまた海外へとお出かけの予定を立てている方も多いのではいないでしょうか。もちろんお出かけ先での情報収集にはiPhoneなど、携帯情報端末が欠かせません。そんなお出かけ先で気になるのがiPhoneのバッテリー。写真や動画をとったりしていると、日中のうちにいいところで電池切れなんてことにもなりかねません。

今回は、そんな時に役立つお出かけ先の太陽で充電できるソーラー充電器をご紹介します。

全文を読む

トランスフォーマー型のUSBメモリ、ヴァイスレーベル ジャガー


最近はすっかり大容量化して、価格も安くなったUSBメモリ。情報を持ち運ぶだけでなく、ソフトウェアをインストールしておいて、使うなどまだまだ活躍の場は多いですね。

そんなUSBメモリも人とは違ったものを使いたいもの。今回は、ジャガーからトランスフォームするUSBメモリをご紹介します。

全文を読む

ラグジュアリー・ケータイ、VERTU(ヴァーチュ)の起動音で女性を魅了



Photo by : airgap

先日、飛行機から降りた時、何とも心地よいサウンドが聞こえた。
ファーストクラスから降りてきて、何やらガジェットらしきものを手にするビジネスマン。高級ケータイVERTUの起動音だ。

VERTUは富裕層向けの高級電話ブランドとして1998年にイギリスで設立。ヨーロッパ、中東、アメリカ、アジアなどに進出し、19店目のフラッグシップストアが2009年2月19日銀座にオープンした。
1台1台が職人によるハンドメイドで、ディスプレイ部分はダイヤモンドでしか削ることができないサファイヤクリスタルが使われるなど随所に贅が尽くされている。端末価格はなんと、67万円から300万円以上。

日本のケータイの軽量化が進む中、VERTUの重量はCONSTELLATION/ASCENTで約140g、SIGNATUREになると166g~238g。SIGNATUREのコンパクトな本体から伝わるずっしりとした重みから高級感がひしひしと伝わってくる。

こんな硬質なボディが奏でるのは、アカデミー賞受賞作曲家、ダリオ・マリアネッリがVERTUのために作曲したオリジナルサウンド。
演奏はロンドン交響楽団によるもので、特に世界有数のフルート奏者アンドレア・グリミネッリの包み込むような音色は印象的だ。

手にするだけで、感動を与えてくれるVERTU。
飛行機が着陸し、ケータイの電源を入れる瞬間。ラグジュアリーサウンドで女心を魅了しよう。

BlackBerry Bold メールは2重の取消線だらけ



Photo by : francisbonte

話題となっている「BlackBerry Bold」。
domomo販売員の話によると、BlackBerry Boldはビジネスパーソンを中心に「セカンド携帯」として新規契約のケースが多いという。
従来の携帯電話はそのままに、BlackBerryをケータイPCとして持ち歩こうというのだ。

確かに、Windowsを使い慣れたのビジネスパーソンにとってBlackBerryの機能は抵抗が少ない内容となっている。
iPhone 3G発売時のような、全く新しいものがやってきたという戸惑いは少ない。

しかし、従来のケータイからBlackBerryに機種変更した場合、同じケータイでありながら全く別目的のガジェットだと気づく。
その最たる機能が「絵文字」「デコメール」だろう。

おそらく世界中でメールの絵文字にこだわる国民は日本以外にないのでは。
絵文字が動き、感情を表現し、まさにメールコミュニケーションに欠かせないものになっている。
友人同士のやり取りなら絵文字の1つや2つは当たり前、デコメールはメール全体が絵文字でできていると言っても良い。

あのiPone 3Gが絵文字に対応したのも、このような日本の特殊事情を考慮してのことだろう。
しかし、BlackBerryは現時点で絵文字に対応していない。つまり日本の絵文字文化からポツンと取り残されてしまっているのだ。

あなたに届くメールは絵文字部分が全て2重の取消線。色もハートも笑顔すらない、漆黒の2重の取消線の世界(※gmailなど一部絵文字は認識される)。

さて、BlackBerryはガラパゴス化した日本のケータイ市場に帰化できるだろうか。

Home > タグ > ガジェット

Return to page top