Home > マネー ライフハック > 今日からまねできる、お金持ちの財布の使い方

今日からまねできる、お金持ちの財布の使い方


lwlvm32607t

お金の入口、出口となる財布。みなさんはどのような財布を使っていますか?これまで多くの社長の財布をみてきた税理士が、稼ぐ人の財布の使い方をまとめた書籍が話題となっています。

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』で紹介されている、お金に好かれて、お金が貯まる財布の使い方をまとめてみました。

お札にとって心地良い長財布

著者によると、稼いでいる社長はみんな長財布を使っているそうです。理由は「二つ折りの財布じゃ、中のお金がかわいそうじゃないか」ということ。確かに二つ折りの財布にパンパンに折れ曲がったお札やカード、レシートなどが詰めてジーンズのおしりのポケットに入れていては、お金持ちになれそうにありませんよね。

実際、身近なお金持ちを見てみるとやはり長財布を使っている方が大半です。

財布を見れば収入が分かる「年収200倍の法則」

当たり前かもしれませんが、同じ長財布でも収入の多い人ほど高級な財布を使っています。経験上、使っている財布の値段がその人の年収と比例する「年収200倍の法則」というのが当てはまるそうです。

例えば、3万円の財布を使っている人の年収は600万円。5万円なら1,000万円。といった具合です。年収1,000万円になりたい、と思ったらまずは5万円の財布を使ってみる、という気持ちからスタートするのが大切です。

新しい財布を買ったら大金を入れておく

新しい財布を購入したら、自分にとって大金と思う金額を銀行から下ろしてきて財布に入れておくのが良いそうです。新品のシューズを足になじませるように、財布もお金になじませておくと、財布も使いやすくなります。なお、ずっと大金を入れておく必要はありません。

お札の向きをそろえる

財布の中のお札は額の大きいお札を後ろにして、向きをそろえて入れてきます。お札の頭を下にしておくとお金が入って行きやすく、出て行きにくいともいわれています。「きれい好き」なお金はきれいにそろえておきましょう。

小銭は小銭入れに

財布には小銭入れが付いているものとそうでないものがありますが、できれば付いていないものを選びましょう。小銭がたくさん入っていると財布が膨らんで美しくありません。長財布と小銭入れ、面倒かもしれませんが別々に2つ持つのがベストです。

会計の時は新札で

財布の中にはできるだけ銀行で両替しておいた新札を入れておきましょう。支払いの時に新札で渡されると相手も嬉しいものです。逆にお店を経営していて、お客さまにお釣りを渡すときはすべて新札にしているという人もいます。

確かにお釣りがすべて新札だったら気分が良くなりますよね。同じお釣りの金額ですが、またこのお店を使おうという気持ちが増します。

本当にこんなことでお金持ちになれるの?なんていうきもしますが、要はどれだけお金の扱いに気を使って、お金をコントロールできているか、ということが重要のようです。これだけこだわって財布を使っている人ならきっと、その他のことにもこだわりや気遣いができて稼ぎもいい、ということですね。

まずは、パンパンに膨れている古い財布の中身を整理して、ちょっと背伸びした長財布に買い換えててみませんか。

Comments

comments

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Home > マネー ライフハック > 今日からまねできる、お金持ちの財布の使い方

Return to page top