Home > マネー ライフハック > 目指せ15%削減。節電して夏を乗り切ろう!

目指せ15%削減。節電して夏を乗り切ろう!


Wind Chimes

節電の夏、大口の企業利用だけでなく、家庭でも昨年度比15%削減の節電が求められています。電力不足を乗り切るため積極的に参加したいところですが、家庭で節電してもなかなかどれだけ貢献したか実感しづらいですよね。もちろん、節電して電気使用量のお知らせを見ればどれだけ使ったか分かり、電気料金も低く抑えられているはずです。ただ、15%削減できたのかよくわかりません。

そこでおすすめなのが、経済産業省などが運営する節電ポータルサイト、「節電.go.jp」です。

達成するとプレゼントが当たる、家庭の節電宣言

節電.go.jp の家庭の節電宣言に参加すると、自分に合った節電メニューを作成できるほか、昨年度の電力使用量や今年度の削減実績がビジュアルで分かる様になります。参加賞があったり、見事15%削減を達成すると、協賛企業から、様々な達成賞が当たる、というものです。

家庭の節電宣言への参加方法

家庭の節電宣言への参加は以下の手順で行います。実際の利用状況を反映させるため、東京電力から毎月届く「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)が必要となります。

  1. 家庭の節電宣言に参加してマイページをつくる
  2. 参加証が発行される
  3. 東京電力のTEPOREに登録(「電気ご使用量のお知らせ」が必要)
  4. 電気の使用料をマイページに自動的に反映

tepore

毎月の使用料が確定すると、棒グラフに昨年の使用料からの削減額が反映されます。みごと、15%削減を達成すると、達成賞に応募できるという仕組みです。

電力が足らないから電気料金を値上げして、使用料を抑えさせるという考え方もあります。一方で、こうした節電へのインセンティブをつくる「褒めて育てる」方法はどんどん進めて欲しいですね。今年の夏は節電を楽しみたいものです。

節電.go.jp(経済産業省)

Comments

comments

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Home > マネー ライフハック > 目指せ15%削減。節電して夏を乗り切ろう!

Return to page top