Home > マネー ライフハック > 年末調整の生命保険料控除でいくら税金が戻ってくるかをひと目で計算

年末調整の生命保険料控除でいくら税金が戻ってくるかをひと目で計算



Photo by : Miguel J.R.

もう11月になってしまいましたね。今年もあとわずかですが、年末が近づくとサラリーマンの方は総務部などから年末調整の紙を出すように連絡が来ます。毎年行っている年末調整のうち、生命保険料控除は多くの方が手続きをする必要があるものの一つです。

ただ、年末調整で生命保険料控除の手続きをすると、いったいいくら返ってくるんだろうと疑問に思いませんか。そんな疑問がひと目で解決する早見表をご紹介します。

生命保険料控除とは?

生命保険料控除とは、生命保険料を支払っている場合、所得税と住民税の計算時に、所得から一定額が控除され、税負担を軽減できる制度です。具体的には、こちらの生命保険料控除の計算方法でその控除額が算出されます。

具体的に所得税、住民税がいくら軽減額されるの?

しかし、上記の計算で算出されるのは、所得税、住民税の控除額です。課税の対象となる所得からこの額だけ差し引かれるのであって、この額の分だけ税金が返ってくるわけではありません。実際には所得水準によって税率が異なるので、所得が多いほど軽減される税額は大きくなります。

そこで、具体的に返ってくる額を知るには以下の早見表が役に立ちます(1,000円未満は切り捨て)。※ 子供は中学生と高校生として試算

生命保険料、個人年金保険料ともに10万円以上支払った場合

家族構成 年収 軽減額
所得税 住民税 合計額
夫婦のみの場合 300万円 5,000円 7,000円 12,000円
500万円 10,000円 7,000円 17,000円
700万円 20,000円 7,000円 27,000円
1,000万円 20,000円 7,000円 27,000円
夫婦と子供2人場合 500万円 5,000円 7,000円 12,000円
700万円 10,000円 7,000円 17,000円
1,000万円 20,000円 7,000円 27,000円

生命保険料または個人年金保険料いずれか一方のみ10万円以上支払った場合

家族構成 年収 軽減額
所得税 住民税 合計額
夫婦のみの場合 300万円 2,000円 3,000円 5,000円
500万円 5,000円 3,000円 8,000円
700万円 10,000円 3,000円 13,000円
1,000万円 10,000円 3,000円 13,000円
夫婦と子供2人場合 500万円 2,000円 3,000円 5,000円
700万円 5,000円 3,000円 8,000円
1,000万円 10,000円 3,000円 13,000円

あくまで生命保険料控除の上限(10万円)まで保険料を払っている場合の目安ですが、手続きをするといったいいくら返ってくるか、チェックしておくとよいでしょう。

Comments

comments

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Home > マネー ライフハック > 年末調整の生命保険料控除でいくら税金が戻ってくるかをひと目で計算

Return to page top