Home > マネー ライフハック > 年末ジャンボ宝くじ1等2億円の当選確率は?

年末ジャンボ宝くじ1等2億円の当選確率は?



Photo by : Roby©

本日、11月24日から全国の宝くじ売り場などで、年末ジャンボ宝くじが発売中です。1等が当たれば、2億円。冬のボーナスが減るという見通しのこの年末、夢を追い求めて売り場には行列ができることは必至です。

いつの時代も売れ続ける宝くじですが、その当たる確率は、一体どのくらいでしょうか。宝くじが当たる確率を、あらためてまとめてみました。

みずほ銀行の年末ジャンボ宝くじの発売情報をもとに、1等2億円から、7等300円までの当選本数と、それぞれの確率をまとめると以下の通りです。

等級 当せん金 本数 確率 期待値
1等 200,000,000 70 0.0000001 20
1等の前後賞 50,000,000 140 0.0000002 10
1等の組違い賞 100,000 6,930 0.0000099 0.99
2等 100,000,000 140 0.0000003 20
3等 5,000,000 700 0.000001 5
4等 100,000 42,000 0.00001 6
5等 10,000 700,000 0.001 10
6等 3,000 7,000,000 0.01 30
7等 300 70,000,000 0.1 30
元気に2010年賞 1,000,000 7,000 0.00001 10
期待値 141.99
還元率 47.33%

70ユニット、700,000,000枚が発売される前提で、この表をもとに期待値を計算すると、1枚300円を購入したときに当選金額の期待値は約142円。宝くじの売り上げに対する、当たり金額の割合(還元率)は47.33%となる計算です。

宝くじと比較されるほかのギャンブルの還元率(いくら賭けて、いくら戻ってくるかという)と比較すると、

  • 競艇・競馬:75%
  • パチンコ・パチスロ:80%

と一般的にいわれていますので、宝くじは決して割のいいギャンブルとはいえなさそうです。

分が悪いとはいえ、1等の2億円という金額は魅力的です。どうせ買うなら、縁起を担いでトライしてみてもいいかもしれません。

Comments

comments

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Home > マネー ライフハック > 年末ジャンボ宝くじ1等2億円の当選確率は?

Return to page top