Home > ヘルス ライフハック > あったか下着ヒートテック、ヒートファクト、パワーウォームを比較

あったか下着ヒートテック、ヒートファクト、パワーウォームを比較



Photo by : Caliper Studio

秋も深まり、朝晩は冷え込む日が増えてきました。でも、今の世の中にはユニクロの「ヒートテック」など「あったか下着」があります。

ユニクロは昨シーズン大ヒットしたヒートテックを今シーズンは8割増しの5,000万枚販売する計画だそうです。

一方、流通大手各社も競って「あったか下着」の発売を始めています。今回は各社の「あったか下着を」比較してみました。

各社が販売している「あったか下着」を並べると以下の通り。

  • ヒートテック – ユニクロ
  • ヒートファクト – イオン
  • パワーウォーム – イトーヨーカドー

などです。それぞれ特長を比較してみると次の通りです。

ヒートテック

ブランド/メーカー

  • ユニクロ

価格

  • 1,000円~

素材

  • アクリル39%
  • ポリエステル33%
  • レーヨン20%
  • ポリウレタン8%

「あったか下着」の先駆けで、昨年は売り切れ続出で上記のとおり、今年はそれ以上の販売を見込んでいます。

従来の「発熱」「保温」「抗菌」「ストレッチ」機能に加え、今年の製品は着脱時の「静電気防止」に加え、「形状保持」機能により、洗濯による型崩れやシワを防止しています。素材はユニクロが東レと共同開発したことで有名です。

ヒートファクト

ブランド

  • トップバリュ / イオン

価格

  • 男性用780円~、女性用980円~

素材

  • アクリル50%
  • レーヨン45%
  • ポリウレタン5%

キャッチコピーは「保温性」「ストレッチ」「なめらかタッチ」。

商品名もコピーもヒートテックを強く意識していて、CMに木下優樹菜を起用して攻勢に出ています。こちらは東洋紡と共同開発の素材です。

パワーウォーム

ブランド

  • セブンプレミアム / イトーヨーカドー

価格

  • 780円~980円

素材

  • アクリル50%
  • レーヨン45%
  • ポリエステル5%

「暖かい」「動きやすい」機能を基本に、身体の水分を吸収して発熱し、やさしい肌触りのレーヨン素材、着た瞬間からヒンヤリしないソフトなアクリル素材、伸縮性のあるポリウレタンを使用し、静電気防止加工を施しています。

こちらは、ユニクロのヒートテックとおなじ東レとの共同素材を使用。素材の構成は異なるものの、ヒートテックで培われた技術は間違いありません。

こちらはCMには黒木瞳を起用し、中高年女性をコアターゲットとしているようです。

こうして各社が競ってより良い商品が開発され、低価格で提供されるようになるのは、寒い冬にはうれしいですね。

Comments

comments

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Home > ヘルス ライフハック > あったか下着ヒートテック、ヒートファクト、パワーウォームを比較

Return to page top