Home > ヘルス ライフハック > 風邪の季節でも元気でいたい。ダウンしない体をつくる5つの習慣

風邪の季節でも元気でいたい。ダウンしない体をつくる5つの習慣


Still Sick

Photo by spcbrass

風邪をひきやすい季節、街にはマスクをつけている人が多くなってきました。新年早々、風邪でダウンするのは嫌ですよね。体調が悪いと気持ちは落ち込むし、お肌はボロボロ。良いことないです。そこで風邪をひかないために気をつけることをまとめてみました。

 

どんなに風邪が流行ってもダウンしない人っていますよね。逆にすぐに風邪をもらってしまう人もいます。日々の生活で風邪対策をいかにしておくかが決め手になるのです。風邪でダウンしないために気をつけたいのは次の5つです。

 

■  1 家にこもらず新鮮な外気にふれて体を動かす

寒くなってくると部屋で過ごす時間が長くなります。風邪をひかないためには良いようにも思いますが、締め切った室内にずっといるのは逆効果。元気な時は外に出て新鮮な空気を吸いましょう。日光を浴びることで体内にビタミンDが生成され、風邪をひきにくくなります。

 

■  2 マスクはコートやカバンに何枚か携帯する

予防のためにマスクを着用、わかっていても外出時にマスクを忘れたり、脱いだコートのポケットに入れたままなんてことありますよね。そこでマスクは数枚用意し、コートのポケットやカバンの中、デスクの引き出しなどあらゆる場所に入れておきましょう。こうすることで必要時に、すぐに着用できます。

 

■  3 室内、体とも乾燥しないように水分補給

風邪をひかないためには、湿度を適切に保つことが大切。室内が乾燥していると粘膜が乾燥し、ウイルスが侵入しやすくなるからです。室内の空気は定期的に入れ替え、加湿器を使ったり、濡れタオルをかけて乾燥を防ぎます。体の乾燥対策としては、1日2リットルを目安に水分補給を心がけましょう。結構な量です。

 

■  4 ビタミンA、ビタミンCをたっぷり摂る

食事で気をつけたいのがビタミンAとビタミンC。ビタミンAが不足すると鼻やのどの粘膜が乾燥しやすくなります。ビタミンAが豊富なのはにんじん、ほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野菜です。さらにビタミンCは風邪ウイルスに対する抵抗力を高めます。りんごやみかん、いちごなど生で食べられる果物なら簡単に摂取できますね。

 

■  5 風邪かなと思ったら早めにケア

どんなに注意しても風邪をひいてしまう時があります。風邪かなと思ったら、ともかく安静第一です。外出をひかえビタミンCをたっぷり摂り、ぐっすり睡眠をとりましょう。寝る前の足湯や、ボールにカモミールを入れ熱湯を注ぎ、蒸気を吸い込む自然療法もおすすめです。

 

新年にたてた計画も実行するには健康な生活があってこそ。風邪は万病のもとでもあります。大事に至らぬよう日頃から気をつけたいですね。

Comments

comments

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Home > ヘルス ライフハック > 風邪の季節でも元気でいたい。ダウンしない体をつくる5つの習慣

Return to page top