Home > グルメ ライフハック > なぜか魅せられる。2011年度グッドデザイン賞受賞のアイスクリームスプーン

なぜか魅せられる。2011年度グッドデザイン賞受賞のアイスクリームスプーン


15.0%

(photo by 15.0%)

2011年度のグッドデザイン賞が発表され、受賞作品が展示されました。さまざまな作品がある中で、なぜか皆が足を止めて見てしまうスプーンがありました。それが15.0%アイスクリームスプーンです。ネーミングも不思議なこのアイスクリームスプーンに、どうして魅せられてしまうのでしょうか?

15.0%アイスクリームスプーンとは

株式会社タカタレムノス(富山県)から発売されているアイスクリームスプーン。冷凍庫から取り出したアイスクリームがカチカチですぐに食べられないという経験は誰にでもあると思います。このアイスクリームスプーンは、熱伝導率が高いアルミニウムの無垢でできています。そこで、スプーンを持つ手の体温が伝わりやすく、アイスクリームを溶かしながらすくい出すことができるのです。

15.0%という数字の由来

それにしても名前の15.0%が気になります。15.0%とは、アイスクリームは乳固形分が15.0%以上であるという日本の成分規格からきているそうです。

ネーミングもユニークですが、デザインがふっくらとしてとても美しいです。そもそもアイスクリームスプーンに特別なこだわりはないものです。普通のスプーンか、お店でもらうスプーンで食べるのがせいぜい。たまには高級なアイスクリームを買って、この美しいスプーンで溶かしながら食べるのもいいかも、、、なんてちょっと贅沢な思いを抱かせるスプーンなのです。
価格は3,150円。先端の形によって3つのタイプがあります。興味がある方は15.0%をチェックしてみてください。

Comments

comments

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Home > グルメ ライフハック > なぜか魅せられる。2011年度グッドデザイン賞受賞のアイスクリームスプーン

Return to page top